スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
平和、新しき世界の実現と「日本」の役割
世界から戦争をなくす努力は、無駄な努力でしょうか。戦争放棄をしたはずの日本が、アメリカの脅迫と、欲ボケの一部日本人(一部でないのかも!?)の都合により、直接的ではないが、イラク、アフガン偽善戦争に参加している現状があります。

原爆を被爆した、長崎、広島の人たちを含め、現在の「一般の日本国民」は戦争(イラク・アフガン戦争)に無関係の無辜の民などではなく「正真正銘」の「戦争加担者」です。
運転手に酒を提供した者、酒酔い運転を知っている同乗者も「共犯有罪」の法律を作る日本の良識者の方々は、主にアメリカの怪しい戦闘行為に加担していることを「戦争犯罪」という判断にならないのでしょうか。

殺人事件の場合には、徹底して真犯人を特定するために「時間」をかける「正義」を尽くすのに、こと戦争となると「なぜか真犯人がすぐに特定される」のです。善は急げということで、商機を逃すなと云わんばかりのすばやさで、武器販売業に精出すのです。

犯罪の真犯人の特定条件の一つは「利益をこうむる者を探せ」です。
戦争犯罪の真犯人も例外ではないでしょう。
アメリカの後方支援の給油活動で「利益を得る日本」は戦争犯罪者に当たると判断するのが妥当です。シートベルトを締めないで、違反切符を切られて、素直に非を認める者の八つ当たりではありません!かもしれません!




人間の世の中に矛盾はつき物ですが、解決の道があるなら、努力して解決に尽力すべきでしょう

スポンサーサイト


テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

地球・未来・時代を開く | 00:45:10 | トラックバック(1) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

墜落遺体―御巣鷹山の日航機123便 (講談社
著者は、御巣鷹山日航ジャンボ機墜落事故の遺体収容作業の責任者。墜落現場の惨状は、今はなき「フォーカス」なんかの写真で見ていましたが、当事者の口から淡々と語られると迫力が違います。バラバラになったご遺体を何とか同定してご遺族に引き渡そうとする警察官、医師...
2007-10-06 Sat 12:29:58 | 事件をあなたに捧げます

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。